いく育のぞき窓

似顔絵イベントに13家族40人

文化の日の11月3日に開いた「似顔絵を描いてもらおう!」は、2時間限りの催しでしたが、13家族40人の方々が訪れました。みなさん、家族一緒に似顔絵を描いてもらい、とてもうれしそうでした。

天候に恵まれ、暖かい一日だったので、庭にテントとパラソルを出し、心地よい秋風を感じながら、絵のモデルを務めてもらいました。0歳児をはじめ就学前の乳児、幼児と一緒のご家族ばかりでした。子どもたちはモデルを務めるのは初めてだったためか、緊張した表情で、なかなか笑顔が見えません。スタッフが、南一平先生の後ろでアンパンマンのぬいぐるみを動かして、笑顔を引き出そうと試みたりしました。

IMG_3566

南先生の経験では、乳児でもモデルを務めていることが分かるようで、描いている間は緊張した様子で、描き終えると、ほっとした表情で笑顔が出ることが多いようです。先生はリクエストに応じて描きました。5人家族全員を1枚の色紙に収めたケースもありましたが、5人は、これまでで最多の似顔絵だったようです。40人分の似顔絵を2時間で描き上げました。

呉市や東広島市など、遠方からの参加もありました。待ち時間や描いてもらった後で、初対面の子ども同士、保育室や園庭で一緒に遊ぶ姿も見られました。これからも、子どもたちが心豊かに育ち、親子で楽しめるような催しを企画したいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
いく育のお昼寝グッズ